備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS LinkStation LS-XHLからデータを救済

<<   作成日時 : 2009/10/26 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

LinkStation LS-XHLがエラーでデータにアクセスできなくなった。

エラーランプを見るとE7っぽい。

http://buffalo.jp/download/manual/html/lsxhl/statuslamp_xhl.html

修理センターに修理をご依頼ください。
らしいので修理センターに電話すると
データが初期化されるとのこと。

業者に復旧を依頼すると高いので、
自分でデータを救済することに。

HDDがつぶれていないことを祈りつつ、
分解。
ねじを一本とって、5個の穴から爪楊枝で爪をはずす。
うまくはずれず、2本の爪がおれる。
(先人のHPでは爪の位置がよくわからなかったので写真をのせます。)

画像


箱をあけても、
HDDが固定されている。

その後、ねじを4、5本はずして、
HDDをUSBから接続できるようにする。

SATA/IDE-USB2.0変換アダプタ

を買って、SATAとUSBを接続。

ubuntuをCDからブートさせて、
LS-XHLをマウントすると
文字化けしていなかったので、
windowsのCフォルダに退避することが出来た。

だめもとで、
保障期間中なので
バッファローの修理センターに送ったら、
直してくれた(本体交換、当然データは初期化)。

失敗例@
出来るだけLinuxをさわりたくなかったので、
http://nantonashi.ti-da.net/e1778367.html
を参考に、

windeosからLinuxのパーティション(ext2やext3)へのアクセス出来る
Ext2Fsd(http://www.ext2fsd.com/
をインストール

しかし、
ファイルシステムがxfsだったようで役に立たず。

失敗例A
持ってた、knopixをCDからブートさせて、
マウントすると、日本語の文字化け。

http://q.hatena.ne.jp/1161091320
を見ると、
samba経由ならいけそう

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【最大72Mバイト/秒の転送を実現】NAS「LinkStation LS-WV4.0TL/R1」
2基の内蔵ドライブによるRAID-0/1に対応したNAS ...続きを見る
ぱふぅ家のサイバー小物
2010/12/07 22:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
大変参考になりました。おかげさまでデータ救出できました。ありがとうございました。
striderkein
2011/05/16 00:12
お役に立ててよかったです。
おっ3
2011/05/24 00:29
参考にして無事データ救出が出来ました。ありがとうございました。
みやちゃん
2012/07/25 11:27
コメントありがとうございます。
お役に立ててよかったです。
おっ3
2012/09/05 01:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
LinkStation LS-XHLからデータを救済 備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる